<< 【雑談】コメントを書いていただく際には | main | 【雑談】デザート >>

スポンサーサイト

  • 2013.03.30 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【エロゲ攻略】モミジは紅く其の身を染めて

本攻略により(おそらく)全てのエンディングを見ることが可能です。誤り等ございましたらコメントにてお知らせください。

本攻略は、みかん星人さん、通りすがりさん、等の方々にアドバイスをいただき作成しました。

最初から
選択肢無し
 強制バッドエンド




最初から
「そんなことないよ」
放課後探すの手伝うよ
なんでもないと誤魔化す
毛玉を手に取った。
「覗きっていうのはな…」
後で記事を書くと答える
高坂さんがそう言うなら…
<セーブ1>
千影を睨む
いいことだ
もちろん構わない
例えそうだとしても…
好奇心に身を任せる
お調子者風味で攻める
ほ、ほんとうだよ!
急ごう
仲の良い兄妹
俺がやるよ
<セーブ2>
一番大きな引き出し
ないと答える
確かめる
楓が現れたことへの恐怖だった
承諾する
来た
唐沢のところへ行く/学校へ行く
 バッドエンド

セーブ2から
中段の引出し
<セーブ3>
力任せにこじ開ける
 バッドエンド

セーブ3から
引き出しの裏を調べる
レバーを右に回す
あると答える
遠慮しておく
<セーブ4>

 END No.2 「ある幸福な結末」




セーブ4から
どちらも選ばない
鉄身の真髄
<セーブ5>
確かめない
 END No.12 「省かれた末路」




セーブ5から
確かめる
<セーブ6>
楓が現れたことへの恐怖だった
承諾する
来た
学校へ行く
 The ture end 「あなたの為に、此の身を染めて」




最初から
選択肢無し
 パラレルエンド




セーブ6から
楓が生きていてくれたことへの喜びだった
<セーブ7>
玄関から出る
 バッドエンド

セーブ7から
他の方法を考える
楓をけしかける
殺す
<セーブ8>
楓を助けに行く
 バッドエンド

セーブ8から
様子をうかがう
回り込み逃げ道を塞いだ
(戦闘)ダイバとヤナギ
(各戦闘に関してはページ下部にある「戦闘について」をご覧ください)
持って帰る
もうしばらく待つ
(戦闘)亀山刑事
(戦闘)キキョウとムロト
<セーブ9>
楓を選んだ
(戦闘)ユウとゴン
(戦闘)唐沢武信
 楓バッド END No.6 「親友、だからこそ訪れた悲劇」




セーブ9から
高坂さんを選んだ
(戦闘)楓
 楓グッド END No.5 「いずれは狂気に呑まれる定め」




最初から
そんなことないよ
放課後探すの手伝うよ
むっつり黙りこむ
毛玉を手に取った
「確約はできないなぁ」
後で記事を書くと答える
高坂さんがそう言うなら…
千影を睨む
悪いことだ
もちろん構わない
例えそうだとしても…
好奇心に身を任せる
真面目に話す
ホントは…
慌てんな
仲の良い兄妹
俺がやるよ
中段の引出し
引出しの裏を調べる
レバーを右に回す
あると答える
知りたい
どちらも選ばない
窮鼠猫噛の精神
確かめる
楓が現れたことへの恐怖だった
承諾する
来た
学校へ行く
記事を書かなくてはいけないからだ
 高坂バッド END  No.3 「百花繚乱」




最初から
そんなことないよ
放課後探すの手伝うよ
なんでもないと誤魔化す
毛玉を手に取った
覗きっていうのはな…
先に記事を書くと答える
高坂さんがそう言うなら…
千影を叩く
そうだね…
高坂さんみたいな人だと答える
ホントは…
慌てんな
まぁな…
見た目はそうですけど…
あぁ、いいよ…
仲の良い兄妹
フォローする
確かめる
楓が生きていてくれたことへの喜びだった
他の方法を考える
ナイフで切りかかる
殺す
様子をうかがう
回り込み逃げ道を塞いだ
(戦闘)ダイバとヤナギ
持って帰る
もうしばらく待つ
(戦闘)亀山刑事
(戦闘)キキョウとムロト
楓を選んだ
(戦闘)ユウとゴン
(戦闘)唐沢武信
 楓ノーマルEND No.4 「羅刹は一人、地獄へ下る」




セーブ1から
千影を叩く
そうだね…
千影みたいな人だと答える
ホントは…
慌てんな
恋人同士
<セーブ10>
フォローする
手伝いに行かない
確かめない
そうかい、楽しみにしてるよ
冗談じゃないッ!
<セーブ11>
まぁ、確かに…
<セーブ12>
古本屋「三間坂」へ行く
 バッドエンド

セーブ12から
喫茶「森羅」へ行く
 バッドエンド

セーブ11から
考えすぎだろ
楓だと答える
<セーブ13>
キッチンへ行こうとした
 バッドエンド

セーブ13から
おもむろに立ちあがった
知っていると答える
 千影バッド END No.9 「かくして二者は屠られる」




最初から
「そんなことないよ」
放課後探すの手伝うよ
なんでもないと誤魔化す
毛玉を手に取った。
「覗きっていうのはな…」
後で記事を書くと答える
高坂さんがそう言うなら…
千影を叩く
仲直りなんてしたくない
千影みたいな人だと答える
ホントは…
急ごう
恋人同士
手に触れてみる
手伝いに行く
確かめない
そうかい、楽しみにしてるよ
みつぐ君になる
考えすぎだろ
誰もいないと答える
おもむろに立ちあがった
知っていると答える
いや…
 千影グッド END No.10 「いつの日か繰り返される悪夢」




セーブ10から
手に触れてみる
手伝いに行く
確かめない
みつぐ君になる
 翠 END No.11 「果つる時まで彼は寄り添う」




最初から
「正直ご立腹です」
「今度飯でも奢るよ」
いつもの作戦で行く
むっつり黙りこむ
「そのうち上手くなるよ」と励ました
「確約はできないなぁ」
先に記事を書くと答える
期待しない方がいいよ
千影を叩く
仲直りなんてしたくない
里香さんみたいな人だと答える
ほ、ほんとうだよ!
慌てんな
まぁな…
見た目はそうですけど…
柊次第だな
仲の良い兄妹
フォローする
<セーブ14>
学校へ行く
 柊バッド END No.7 「その想いは届かない」




セーブ14から
サボる
降りてみる。
頭を下げてかわす
<セーブ15>
病室に戻る
 バッドエンド

セーブ15から
ロビーで待機する
 バッドエンド

セーブ15から
脱出口を探す
<セーブ16>
窓から脱出を図る
 バッドエンド

セーブ16から
他にも出口を探す
廊下の窓から外に出る
<セーブ17>
メッセージ入力
(4回入力に失敗する)
 バッドエンド

セーブ17から
「小島邸」と入力する
(1回目は何を入力しても失敗するので、2回目以降で入力する)
 柊グッド END No.8 「盲、それ故に幸福」





















おまけ

戦闘について
基本的に運なので戦闘に入る前のセーブを取っておき何度も挑戦する。2度やられると千影に稽古をつけてもらえる。初期選択肢はナイフと回避だけだが、敵を倒したり物語が進むにつれて選択肢は増えていく。特に重要なのは相手の攻撃を100%避けられる「弾速回避」と刑事を倒した時にもらえる「銃」。前者は唐沢戦で必須だし、後者は人間相手に使えば1撃で倒せる場合も少なくない。丸薬は赤が体力回復、青が攻撃力アップ、白が状態異常回復だと思われる。そもそも使う機会すら無いと思うが。最後に、各戦闘について少し書いておく。

(戦闘)ダイバとヤナギ
長身短髪とショタ高校生。主人公は回避し続けるだけ。いつの間にか楓が倒してくれる。

(戦闘)亀山刑事
某ひぐらしに出てきそうな刑事っぽい人。ひたすら攻撃し、拳銃向けてきたら回避。

(戦闘)キキョウとムロト
女性と長身眼鏡。拳銃持ってたらかなり有利。眼鏡が御札使う気配見せたら楓をかばう。

(戦闘)ユウとゴン
長身スーツとやさぐれおじさん。長身が毒打ってくるが気にしない。ここでも拳銃が大活躍する。

(戦闘)唐沢武信
喫茶店店主。大きく息を吸ったら次のターンに弾速回避。回避しないと死ぬ。拳銃持ってたら1回だけ効く。あとは攻撃あるのみ。

(戦闘)楓
モミジちゃん。拳銃はダメージ0だが次のターン行動不能にできる。本気出される前のモミジの行動パターンは「動かない→攻撃→動かない→攻撃」の繰り返しだから、動かない時に拳銃撃てば一方的に攻撃できる。本気出されたら攻撃あるのみ。




血塗られた文字(SECRET→PC-ROOMで入力すると何かが起きます)
加賀谷
落日の少女
高坂百合
日比野千影
里香さん
福沢
三間坂老人
三間坂翠
小島邸事件
お兄さん
硫化水素
ダイバ
ムロト
キキョウ
佐藤皐月
小島真一郎
ヨミガエリの禁呪
佐藤俊也
唐沢武信
紅く
真なる終端への道




黄色の文字(単なる攻略ヒントです)
鉄心の真髄
しぬこと
セーブ
幾つかセーブデータを残しておく
しばらく動けなくなる
彼らが御札を使う気配が見えたら、君が楓さんをかばうんだ。
積極的に兄貴を狙ってくる
リーチの長い武器のほうが当たりやすい
絶対に攻撃を回避できる術があるならそれを使った方がよさそう
死にまくって私とトレーニングすればいい
新聞部の記事を先に書き協力的な態度をとること
ナイフと拳銃は効かない
薙刀と小太刀
緑の魔女の力を得られるよう彼女に協力せよ。
そうして影を打ち払う者の信頼を得、最後の日に正しき選択をした者にこそ
血潮に塗れた勝利は与えられよう
純愛なる狂気への道
食堂にて手を上げぬことから道は始まる。
彼女の言葉に耳を傾け、ただただ彼女に寄り添え。
想いが募るほどに狂気は高まり、恋が交わり愛に変わる時狂気はその
異形を完成させる。
化物
狂気を目覚めさせてはいけない。
彼と彼女の関係を深めてはいけない。
嘘をついてはいけない。それは狂気を目覚めさせる。
暗所で手にせし黒き手帳を持って、怯えながらも白き少女の所業から
目を反らさぬこと。
さすれば終端の扉は開かれる。
物語は其処で真なる終りを迎える。
学校へ行かず何処ぞを彷徨いてみる
義妹の心を引き寄せよ。
首尾よく行けば12日の昼食時にその兆しは現れるだろう。
白き少女と出会いし時に幻か否か確かめぬことが此の道を行く秘訣なり
黄色じゃないけど
楓の好感度が低いと出会った瞬間に殺される
真黒背景の回想シーンの選択肢は、試しに両方選んでみて
どっちがよさそうか吟味してみるといいかもね
白の少女から目を背け、緑の魔女と縁を深めよ。
気まぐれな彼女の好意を得られたのならば、14の日に兆しが現れるだろう

スポンサーサイト

  • 2013.03.30 Saturday
  • -
  • 01:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
なんと・・高坂にはGoodエンドがなかったのですね。
いや、でも何となく納得できる側面もあるのですが。
確かに楓も主人公も化け物です。が、彼らはどちらかというと物理系でしたね。
高坂はストーカー気質然り、サイコ系といいますか、心のありようが人のものではなく化け物のそれだなと思っていたもので・・。

それで早速クリアしてみました。

楓Badエンド・・と書かれているのにエンドチェックではノーマルになっていますね・・。ちょっとしたミスでしょうか。
しかし全体俯瞰するとトゥルー以外は哀しい物語でしたね。愛に捧げられ愛に裏切られとストーリーテラーの怪人が言っていましたが、なかなか味わいを感じます。
  • みかん星人
  • 2010/09/26 9:13 PM
公式サイトのSTORYの最後に記述されている一文「罪人に幸福な終わりなど訪れてはいけないのですから。」、これが本作を物語っていたように思えます。例え故意では無かったとはいえ、あるいは本人の思い込みだったかもしれませんが、結果的に1人の人間を死に追いやってしまった。それは主人公も高坂も同じなんですね。だから、両者にハッピーエンドなんてものは存在しなかったのではないかと。

ご指摘の記述ミス(?)の件ですが、以下のURLでも触れさせていただきました。こういうちょっとしたミスがプレイヤーのやる気を大きく削ぐケースがあることを制作者には理解していただきたかったですね。

http://tanisi-blog.jugem.jp/?eid=41#comments
  • タニシ
  • 2010/09/27 1:07 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM