<< 【雑談】DESIREやりました | main | 【雑談】勧めたいけど勧めたくないエロゲ >>

スポンサーサイト

  • 2013.03.30 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【エロゲ感想】猫撫ディストーション

OHPリンク

エロゲ界ではある程度名の知れたライターの起用、主題歌にOUTER、印象的なムービー、BGMにエレガの藤田氏。しかし、蓋を開けてみれば話題先行な作品だったような気がします。

ライターは「SENSE OFF」や「未来にキスを」などで有名な元長氏と、「ELYSION」でとある筋には有名な藤木氏の二名です。元長氏に関しては、上で挙げた世間的に有名な二作は個人的には評価しておらず、1999年に出た「フロレアール」こそが氏の最高傑作だと思っていますね。藤木氏のELYSIONに関しては、メイド洋館物で閉じた箱庭という世界観こそ素晴らしいですが、シナリオ面では及第点の遥か下だと思っています。

猫撫はそんな二人が織り成す物語なわけですが、タイトルやムービーを見れば一目瞭然、「シュレ猫」に関連した量子的なお話になります。ちなみに、このジャンルは元長氏の十八番で、というか、氏はこういうテーマの作品しか出していないのではないでしょうか。ネタバレせずに感想を書くと、若干未完成。家族というテーマと結びつけたのは良いとして、根幹にあるのは結局、今まで氏の作品で述べてきたことと同じ。これをやるなら「フロレアール」、若干テーマが違いますが、別メーカーの作品で言えば「素晴らしき日々」あたりをやったほうが良いのでは、と思いました。

絵は正直微妙です。CGでは遠近法おかしいよ!、っていうのが多々見られました。BGMは素晴らしいの一言です。どこに出しても恥ずかしくない代物だと思います。エロゲにはもったいないくらいです。

冒頭にも書きましたが、結局は話題先行な作品だったと思います。体験版部分でこれだけ惹き込む商法は他のメーカーも参考になさるとよろし。本年度は話題作が目白押しなだけに、2011年が終わった時に9本目、10本目の指にでも入っていれば御の字、という作品でしょうか。


スポンサーサイト

  • 2013.03.30 Saturday
  • -
  • 05:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM